2013年02月03日

玩具撮影

ちょっと前に自作した撮影ボックスの内側にアルミホイルを貼り付けて改良を施した。
でもコレを一生懸命に作ってみたはいいが、さてコレ使って何を撮るのとなった。折角
だからコレ使って何か撮りたいぞ。検索すると撮影ボックスを自作してフィギュアなど
を撮ってる人が多い。
玩具撮影1
残念なことにボクはそういうものを一切持っていない・・・娘のオモチャ箱を漁ればディ
ズニーやジブリ関係のフィギュアなど似たようなオモチャはたくさんあるけど、どうにも
なんか違うなあ。でもって、床屋帰りに立ち寄ったリサイクル店で目に付いたのがこれ
です。未開封で500円と格安だったので思わず買ってきた。ワンピース好きな方だっ
たらすぐに分かるキャラだと思いますが、ドラム王国の元守備隊隊長ドルトン(ウシウ
シの実の能力者)です。
続きを読む
posted by yama206 at 22:15| Comment(0) | 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

寄添二羽

特に忙しいわけではありませんが、またもカメラもブログも更新サボりまくりです。
休日もカメラを手にすることがあまりなく、何だかんだダラダラと過ごしていました。

娘の要望もあって日曜日に市川市にある動植物園に行ってきました。久しぶりに
デジイチ持って・・・
寄添二羽1
あまりカメラを持っても真剣味に欠けている。まったくコレはいかんなあ・・・それで
も気になったものを撮ってみる。そこで気に入った写真がコレです。赤いクチバシ
のコウノトリ「シュバシコウ」という鳥です。二羽がそっと寄り添っている。何かえも
言われぬような不思議な印象を受けた。左のシュバシコウはクチバシ折れちゃっ
たのかな・・・。
続きを読む
posted by yama206 at 21:52| Comment(5) | 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月29日

百番試撮

K100Dスーパーを購入した後は、すぐに試し撮りをするために家に戻らずにクルマ
の中で基本的な設定だけおこなって、そのまま高速に乗って成田空港方面にクルマ
を進める。とりあずは飛行機でも撮ってK100Dスーパーの使い勝手とスターレンズ
とシグマの広角との相性なんぞを試してみよう。
百番試撮1
まずは成田空港付近では撮影の定番となっている成田さくらの山公園で撮影を開始
する。さすがは土曜日と言うべきか曇り空ばかりだったけど、公園内はカメラを持った
人がたくさんいる。
続きを読む
posted by yama206 at 21:11| Comment(2) | 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

初心不忘

ブログを更新しようにも今はタイミングよくネタ写真がない。さて、どうしたものかな・・・
何かアップしたい写真がないかなとフォルダ内をガサガサと漁ってみる。そこで目に
ついたのがこの二枚です。
初心不忘1
これは2年前に成田の公園に遊びに行った時に撮影した娘の写真です。確か二
枚とも前ブログ(ドリコムブログ)にアップした記憶がある。あらためて見るとしっか
りとした感じで娘を捉えて撮れているなあと思える。今はどうだろう・・・残念ながら
あまり考えずに超広角レンズでシャッターを切っているだけのような気がする。
続きを読む
posted by yama206 at 00:17| Comment(6) | 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月30日

静岡立像

静岡に立っているRG1/1ガンダムをやっと見に行きました。それは急遽決まった。
さすがにガンダムだけではボクしか楽しめないのでちょっと足を伸ばして掛川にある
掛川花鳥園にも行くことになった。さあ「思いつき家族ドライブ静岡」の始まりです。
静岡立像1
土曜日は朝7時頃にマーチで出発する。渋滞知らずでスイスイと走らせるとナビの
表示どおり10時には東静岡駅前に到着した。駅前のコインパーキングにクルマを
停めていざガンダムの撮影に向かう。ちなみに自宅から東静岡駅までは約205km
でした。そこからさらに60kmほど走った先に掛川花鳥園があります。
続きを読む
posted by yama206 at 22:55| Comment(14) | 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

人気健在

前回の散歩撮影ブログのスカイツリー編に続いて今回は東京タワー編です。スカイ
ツリーを思う存分撮影したあとは浅草線で東京タワーが近い大門駅まで移動します。
大門からタワーまでは近いと思っていたけど、歩くと結構距離があってちょい疲れた。
やっぱり東京タワーの方がスカイツリーよりも見慣れていることもあって落ち着く感じ
がする・・・これは気のせいなのかな。東京のシンボル的存在であるのに間違いない。
人気健在1
すでに錦糸町から降りてから歩きはじめていたのでちょっと足が重くなってる。確実
に運動不足で体がなまっているという証拠だなあ。東京タワーに着いて早速8ミリの
威力を発揮させる。っが、またしても超広角が生かせない状況に陥ることになる。
続きを読む
posted by yama206 at 23:23| Comment(6) | 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

散歩撮影

先週の土曜日に続いて今週もスカイツリー周辺で散歩撮影をしました。今回はお
馴染みのマルさんと一緒に散歩がてらの撮影です。撮影前夜に携帯で明日はど
ういうルートでウロウロしようかとマルさんとおおまかな流を検討する。スカイツリー
撮影−浅草水上バス−東京タワーのルートで決定。そのとき妻は携帯で話してい
る内容を何となく聞いていたようで「なんだか男二人でデートプランを立てているよ
うで微妙だったよ」と言われた。確かに撮影ルートを決めているときはウキウキ気
分で話していたかもかも知れない。でもお間違いなく、これはデートプランではなく
撮影プランですよ。
散歩撮影1
この日のボクの撮影目的はこの一枚だった。浅草の吾妻橋あたりから撮るスカイ
ツリーです。隣りはアサヒビールの本社ビル等もスカイツリーを引き立てています。
この日に持参したレンズは超広角レンズと望遠レンズの二本のみでした。これで
問題なく撮影出来るだろうと軽く考えたのが失敗でした。そのネタは後で書きます。
続きを読む
posted by yama206 at 23:39| Comment(4) | 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

観光拠点

昨日の荒れた天候が嘘の様に見事な晴れ間が広がった。今日はシグマの超広角
レンズの威力を最大限発揮させるため、建設中の東京スカイツリー撮影に職場の
後輩君を連れて行きました。暑くもなく寒くもない絶好のスカイツリー撮影日和です。
観光拠点1
この東京スカイツリーは2012年の春(予定)から東京タワーに変わる電波塔です。
世界一の自立式電波塔を目指して高さ「634メートル」まで立ち上げるとのこと・・・
デジタル放送の有効活用には600メートル級の電波塔が必要らしい。どうせなら
世界一の電波塔というところが何ともね。ちなみに世界が誇る最先端の技術が惜
しみなく使われているらしいです。スカイツリーの高さは人々が覚えやすいようにと
「むさし(武蔵)634メートル」だそうな・・・そうそう、忘れてはいけない東京タワーの
高さは333メートルです。
続きを読む
posted by yama206 at 23:43| Comment(6) | 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

車体捕捉

先日のいすみと小湊撮影の桜写真でも整理してアップしようかと思い確認をする。
まだまだアップしたい写真がごっそりとあった。このままお蔵にするのがもったい。
桜写真は一枚のみ、前回とは逆で引きで撮影した車両の写真を数枚アップします。
車体捕捉1
まずは桜の写真を載せます。これはいすみ鉄道で撮ったお気に入りの一枚です。
桜の配置や菜の花の背景も構図的にも決まったとボク的には思える。
続きを読む
posted by yama206 at 00:20| Comment(14) | 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

桜花爛漫

またまたマルさんとアソさんからのお誘いを受けて桜花爛漫のいすみ鉄道と小湊
鉄道の撮影にお出かけしました。桜と菜の花が似合う鉄道というのは撮影していて
ワクワクします。
桜花爛漫1
今回の撮影の中で一番上手く撮れたと思うのがこの写真です。いすみの黄色い
車両を広角で撮りました。

今回のブログもいつもと同様に写真を一気にアップします。スクロールの準備を
お願いします。久しぶりにインパルマーチの写真も数枚ほど載せます。
続きを読む
posted by yama206 at 18:09| Comment(8) | 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。